日ノ岬・トフのイサギ釣り

 6月22日、日ノ岬・トフへイサギ釣りに行きました。
 今頃のイサギは白子がたっぷり。サッと湯引きしてポン酢でいただくと本当においしいですね。それをねらっての出漁です。
 午前3時過ぎ、岬旅館で手続きを済ませ、乗船です。4時頃に出船。約40分ほどでトフに着きました。曇天。南東の風がそよそよと吹いて少し風波がありますが、まあ、大丈夫でしょう。
 水温は22.5度。ほどよいのぼり(串本方面からくる)潮です。「底から10㍍ぐらい上で釣って」と船長からの指示があり、鉄仮面にアミエビを詰めておろしました。
 着底後、7㍍を急速巻きしてアミエビを振り出し、大きくしゃくりを入れてステイ。仕掛け(3㍍)がなじむ頃にゆっくり巻き上げるとすぐ、ゴゴンッ、グイッとアタリが出ました。マキエにイサギがすぐ寄ってくるのか・・・凄い魚礁ですね。最初の5㍍は手巻きでゆっくり巻きで取り込み、追い食いを期待します。
 やはり効果あり。うす茶色の魚体が二尾、35㌢ほどの良型イサギがダブルで釣れてきました。
35㌢級のダブルだ岬丸ブログ用

 よく肥えているのに抱卵しているから、まさに砲弾型の魚体で、指が回らないほどでした。釣れた喜びもさることながら「おいしそう!」が実感でした。
岬丸 良く太ったイサギブログ用

 それから順調にアタリが続いて、入れ食いが続きます。周囲の人たちも、皆さんが入れ食いですから、いつ見ても、二、三人が竿を立ているのです。
 入れ食いだから、早く取り込んで早く釣りたい・・・つい、すぐに電動巻きで取り込むために単発が多かったのですが、入れ食いだから許せます。
 イサギ釣りの市販仕掛けは普通、スキン巻き疑似バリが三本、オキアミをつけるエサバリが一本の四本バリ仕掛けですが、単発で釣れるときはほとんどオキアミに釣れてきます。それほどオキアミが好きなら、全部オキアミをつけたらもっと釣れる・・・そう思って私はオキアミ用のハリばかりの四本バリ仕掛けを作って使ったことがあります。結果は、三本がスキン巻きの仕掛けと変わらない成績だったのです。前(鉄仮面に近いところ)のハリはいつもエサを取られていて、釣れたのは先端(鉄仮面から遠いところ)のハリだけだったのです。
 アミエビが鉄仮面から振り出されると、ワッとエサトリが寄ってきてオキアミを食われる・・・その煙幕から遠いハリだけエサが残り、それにイサギが釣れる・・・そんな構造(?)のようでした。だから、四本のエサをつける手間だけムダ・・・そのための疑似バリだったのですね。しかし、たまには先から二本目のハリにもイサギが釣れたから、「ここらが境界線かな」と思って、最近は先の二本はエサバリ、手前の二本は疑似バリ(ヤマシタのシラスバケワーム6号)で仕掛けを作っています。
 以前に、ジャンボイサギを釣りに行った見老津の船長が「マキエから遠いハリに大型イサギが釣れる」といっていたから、私の仕掛けは市販品より80㌢ぐらい長い目に作ってあります。
 その仕掛けの手前のオキアミにばかり釣れるのです・・・なんでやろ。アミエビの煙幕ぎりぎりにあるオキアミに食っているのなら、仕掛けを短くして二本とも煙幕の中に入れたら二尾ずつ釣れるかも・・・そんな思いで仕掛けを60㌢ほど縮めてみました。
 すると、次からは先端のハリばかりにイサギが釣れだしたのです。煙幕の中に入りすぎるとエサトリにやられるのでしょうか。先バリばかりに釣れ続きました。ゆっくり巻きして追い食いをねらっても、たまにダブルで釣れたらワームに・・・。オキアミはエサトリにやられているのでしょうね。この「煙幕の境界線」はなかなか面白い題材です。
 途中で正体不明の大物が来て仕掛けを切られました。周囲の人も同様で、やられた・・・が続出しました。メジロが回ってきたのでしょうか。
 私は4号ハリスの仕掛けに変更です。それでも”ギューパチ“が何度か・・・4号ごときで太刀打ちできる相手ではないようでした。しかし、イサギの食いは変わらず釣れ続きました。40㍍の海中では、3号も4号も関係ない・・・ようです。それが確認できたから、今後は4号仕掛けで釣ります。この方が絡みも少ないし、ひょっとして大物が取り込めるかもしれないから・・・。
 途中で潮の流れが変わり、釣れるタナが深くなっことがありましたが、相変わらず一投ごとにアタリが続いて午前10時40分頃に「はい。上がりましょうか」と船長からの合図。ここは午後便も出るから、11時には帰港体勢に入るのです。早上がりも「これだけ釣れたら了解!」です。
 この日の私の釣果はイサギ66尾()25~38㌢)。良型がそろっていたから大型クーラーがほぼいっぱいになりました。
イサギ65尾岬丸ブログ用

 ただ、イサギの白子を期待していたのに真子が多かったのは終盤に近いことの兆しでしょうか。でも、もう一度ぐらいはあの入れ食いをさせたいな・・・。
スポンサーサイト

イカリ巻き

 ただいま、どこの川ともに渇水でアユ釣りに行く気がしないため、せっせとイカリを巻いています。

イカリを巻くブログ用2

 私は泳がせ釣りが得意ですから、四本イカリ、三本イカリ、の両方をほぼ同じくらいの頻度で使います。ただいまは渇水だから、三本イカリの出番が多いのですが・・・。
  三本イカリは、少し掛かりが遅いけれど底掛かりが少ない。四本イカリよりオトリの泳ぎがよい(特に弱いオトリでは差が出る)。
  四本イカリは、三本イカリの約三倍ぐらい掛かりが早いけれど底掛かりの頻度も三倍と承知しています。弱いオトリは動きが悪い。
 などと、自分では区別して使い分けています。大まかには、カミ飛ばしでは三本、引き釣りでは四本・・・と。
 ハリスの使い分けについてはいろいろと悩みました。かなり以前に、ある名人が「ハリスは細い方が野アユへの絡みがよい」などといっておられたことがありましたが、あれは本人の思いこみだけですね。講習会などで、0.8号などと、他人との差を強調されていたけれど、細ハリスは底にも掛かりやすいし、尾に巻いたり、ハリ先が傷むし、自動ハリス止めから切れるし、デメリットの方が多いと思いました。 むかし、初心者講習会の時に市販品のイカリバリをお勧めしたのですが、「すぐ切れる」とクレームをもらいました。ハリスはナイロン1号でした。私も試してみたのですが、ナイロンはリスはフロロより、かなり弱いことを実感しました。
 自動ハリス止めに、ふつうに止める場合にはかなり弱いのです。最近は各メーカーがフロロハリスのイカリバリを売り出していますから、それを使えば安心ですが、ナイロンハリスを使うときには止め方に工夫がいるようです。
 私のハリス使いの基本は、ハリが6.5号、7号の場合、三本イカリならフロロ1号、四本イカリならフロロ1.2号としています。ハリスを1.5号などと硬いものにするとケラレも出たり空振りしたり、良い結果にならなかったために、メリット、デメリットを総合判断してこの号数になっています。 何度も比較実験しての判断なので、自信を持っています。
 四本イカリを巻くときに、ハリ巻き器に挟んでいたものを外してから数回、ハリが曲がり始める箇所まで巻き足しますが、この時に根巻き糸が針先に触れてささくれ立つことがありました。
 四本イカリハリを倒さないで巻くブログ用

 ある時、友人が巻いているのを見ていると、四本イカリの立ち上がっているハリ一本のハリを、さりげなく横に倒して三本イカリのようにしてから巻いていました。「あっ、なるほど!」と、目から鱗が落ちた思いでした。まさに、「コロンブスの卵」です。これなら、ハリ先が糸に触れにくいし、巻き終わってからハリを起こして正常な四本イカリの型に戻せばよいのですから・・・。瞬間接着剤をつけてできあがりです。
四本イカリハリを倒して巻く1ブログ用

 最近のハリ巻き器は良くできていて、ハリスがきれいにイカリバリの真ん中に入ってくれます。三本イカリは真ん中にならないこともありますが、四本イカリはほぼ確実に・・・。ところが、瞬間接着剤で止めてあるのにアユが掛かると抜けることが多発しました。
 かなり以前のことですが・・・。
 ハリ軸が四本。箱形になるために空間ができてハリスがしっかりと止まらない・・・ハリスの先を焼いてコブにしてもダメ。結びコブを作ってみましたが、作業に手間が掛かりすぎるし、きれいになりません。
 と、ある雑誌に「ハリスの軸に根巻き糸でハリスを巻き付ける」と書かれていたのを読みました。たしか、筆者は村田満さんだったと思いますが、 実行してみるとこれで悩み解決でした。イカリを巻き終わってから、先に出ているハリスをハリ軸の一本に根巻き糸で3回巻き、止めるだけのことでした。

四本イカリ1ハリ軸に巻き付ける2ブログ用

 できあがりが多少はブサイク。イカリのセンターからシュッとハリスが出ているのに比べる、ハリスが斜めに出ているのが、どうもすっきりしなくて悩みましたが、見てくれよりは効果ですね。

三本イカリハリスがまっすぐブログ用
四本イカリハリスが横向きになる1ブログ用


 三本イカリなら、ハリ軸が三角形にまとまるから、空間は四本イカリより狭い。抜けにくいかな、と思ったのですが、ときどき(一年に一、二回程度)は抜けることがありました。一年に一回でも、そのためにせっかくのオトリが代えられないことは痛い・・・今では、三本イカリも四本イカリも、すべてハリスが斜めに出る「軸巻き」で仕上げています。
 もう、ハリスが斜めに出る姿に慣れて、ほとんど違和感を覚えなくなり、「当然の姿」と認識できるようになりました。

イサギのあぶりサシミ

 先日、湯浅から出船の乗合船でイサギ釣りに行き、そこそこに釣れたのでサシミでいただ゛きました。
 「麦わらイサギ」の言葉があります。麦の収穫時(麦わらが出る時期)のイサギが脂がのっていておいしいと言うことらしいのですが、麦わらそのものを(関西では)見る機会がありませんね。でも、6月のイサギは、おいしいことは変わりません。
 単なるサシミでは「芸がない」と思い、バーナーで皮を炙ってみました。
 「皮と身の間においしい部分がある」と言われますし、皮そのものもおいしいし・・・皮を炙ってサシミにすればさらにおいしいかも・・・と思ったのです。
 グレの皮は湯引きにして細く刻み、ポン酢でいただくとかなりおいしいので、イサギもやってみたのですが、グレほど皮に厚みがなくてそれほどおいしくはなかったのですが、身をつけたままならおいしいかも・・・。
 身は、三枚のおろしてから中骨を取り除き、“棒”にします。1尾で四本の“棒”ができますが、まな板の上にアルミホイールを敷いて並べます。まな板にそのまま並べて炙ると、まな板が焦げるのでホイールを敷きました。
イサギあぶりサシミ2ブログ用


 バーナーの炎を小さく加減して、皮の部分に当てて炙ります。炎によって皮がそりますが、少し強めに炙る方がよいからそのまま焦げ目が付くまで炙ります。薄い皮ですが、下に身が付いているからか、皮がすぐには焼けないようです。(前回は、炙り足らなくて失敗。固い皮のまま食べることになりました)。

イサギあぶりサシミ3ブログ用

 しっかりと焦げ目が付いたら、氷水にとって熱を冷まし、布巾で水気を拭いてから適当に切ってお皿に盛ります。
 サシミに添えるケンは、大根をかつら剥きにして細く刻み、ミョウガを細切りにして添えるとアクセントがつくし、ケンをいただくときに味に変化が出てこれもおいしいのです。

イサギあぶりサシミ5ブログ用

 単なる「イサギのサシミ」は、私はそれほどおいしいとは思っていなかったのですが、「炙りサシミ」は、身がしっかりとして歯ごたえもあり、うまみも増している気がしました。食べながら、うまい!と何度も言いながらお酒が進みました。

天の川のアマゴ釣り

 もう、アユの情報が飛び交うこのごろですが、私の頭の中はまだパーマークモードです。
 前に吉野川で採ってきたピンピンも、家でポンプをかけてオトリ缶で生かしていたのですが、毎日、30匹以上もふ化して飛びさってゆきます。いつ、アマゴ釣りに行けるか分からない・・・思い切って近くの水路(淀川から引いた水がいつも流れている)に捨てました。
 なんだか、ほっとしたような、寂しいような・・・複雑な気持ちでした。

 もう、アユに切り替えようか・・・と思っていた矢先、かなりの雨が降りました。まだアマゴが釣れる・・・6月8日、勇み立って奈良・天の川へ走りました。漁協のHPに載る水況を待ってはおれません。「なんとか、いけるやろ」と、見切り発車で走りました。
 エサがない・・・近くの釣具店でミミズとブドウムシを買いましたが、やはりピンピンがほしい。朝、早く出て行く途中の吉野川で採ってから行くことにしました。吉野川から天の川まで約1時間で行けるのです。
 午前4時半、吉野川へ着くと、いつもピンピンを採る水たまりが高水温のせいか、アオサでびっしりと覆われてピンピンがおりません。あちこちを見て回りましたが、どこも同じアオサが・・・。仕方なく、アオサのないヘチの草の中を網でこするようにして1匹、2匹とかき集めて何とか50匹ほど採れました。
 天の川へは7時半頃に到着。川合の豆腐店で入川券(日券3000円)を買い、洞川へ走ります。赤い橋のところから川に降り、釣り開始。橋の下に良さそうな深みがありましたが、アマゴのアタリはなく、ときどき、8㌢ほどのマメアマゴが次々と掛かりました。稚魚放流したものか、昨年秋に生まれたものか・・・来年の貴重な“戦力”ですからそっとリリースしましたが、貴重なピンピンを食われるのがつらい。
 あまり雨が降らなかったようで、水位は3㌢ほどの微増か。釣り上がりましたが、アタリはマメアマゴだけです。釣り荒れですか・・・・早々に見切りをつけて川迫川へ走ります。
 午前9時過ぎ、少し出遅れです。カミの神童子谷まで見て回りましたが、要所には車が止まっていました。本当に人が多い川ですね。これでは釣り荒れもあり・・・でしょうか。
 少し下流の、左岸にバンガローがあるところから川に入りました。ここから大川口まで人がいなかったからゆっくり釣れる・・・と思ったのですが・・・。
 川に降りると、花崗岩の岩盤に上に真っ黒にオタマジャクシが群がっていました。この時期、よく見られるオタマジャクシですが、軟らかくておいしそうな(?)エサなのに、アマゴもイワナも食べないのでしょうか。腹の中からオタマジャクシが出てきたことはない・・・たぶん、皮膚に毒があるのでしょうね。アマゴ、イワナはそれを知っているから食べない・・・どんなカエルの子供かは知りませんが、あれが食べられたらアマゴもイワナもよく肥えるだろうに・・・と思われるような数でした。

オタマジャクシ (ブログ用2)

 さて、この川は渓相がすばらしい。白い花崗岩の岩盤、大岩が連なり、澄み切った水は青々とした渕を形作り、覆い被さる新緑が濃くもあり、淡い緑もあり、ときどきは白いウツギの花が彩りを添えてくれる・・・これでアマゴが釣れたら最高なのに・・・と思われる景観でしたが・・・。

新緑の川迫川ブログ用

 降りたところからカミへ、ほれぼれするようなポイントが続きましたが、アタリはありません。毎日、誰かが竿を出しているところでしょうね。浅い瀬の開きにかかるところで目印がツイッと走りました。合わせると、同時にバシャッと水しぶきが上がり、真っ白いアマゴがジャンプしました。そのままシモの荒瀬へまくりこまれ、私も下へ走ります。瀬を沖の方へ走ってくれたから良かったのですが、慎重にカミへ回して弱らせ、水面に浮かせてからつり上げ抜きです。どすっと重々しい感触でタモに入ったアマゴは目測24㌢。ぴかぴかの魚体に浮かんだ朱点が小粒で鮮やかでした。指が回らないほどの幅広で、ムムッとつむった口元、ギロリとにらむような鋭い眼光、本当に野性的な貫禄十分のアマゴでした。

天の川のべっぴんアマゴ1ブログ用

 思い切って勝負して良かった・・・タモの中でハリが外れていました。あれを引き寄せてタモで掬っていたら外れていた可能性があります。ラインは0.25号です。ハリの結び目も釣れるたびにチェックしているし、抜くときの竿の角度さえ間違わなければ無理が利く、と信じて勝負するべきですね。
 それからも、ボツボツとアタリは出ましたが、ほとんどが瀬の開きや、石の際のヨレなど、小場所ばかりでした。良さそうなところでは粘るだけ無駄・・・。昼過ぎまでにアマゴが6尾釣れただけでした。エサはいろいろ試してみましたが、イクラ、ブドウムシはアタリなし。ミミズは二回ほどアタリがあったけれどハリ掛かりせず、釣れたのはピンピンだけ・・・やはり“必殺”ですね。
 午後1時過ぎ、最下流のバックウォーター近くまで降りてきました。広い広い河原の向こうの方にポツンと深みがあり、あとはザラ瀬が延々と続く・・・ポイントまでが遠いから竿抜けかも・・・そんな期待を持って川へ降りました。かなり大きな淵と流れ込みは良い流れをしています。ピンピンで釣るとマメアマゴが入れ食い・・・イクラを三粒つけて、G1の大きめのオモリで底にどんと沈めて待つと、マメアマゴも掛からず、少し待てます。と、穂先がククーッと引き込まれました。えっ、アタリか?。
 合わせるとドンッ。重々しい手応えです。グイグイと沖へ走る力は相当な大物。ここにはウグイはいないからこれは?。
 慎重に寄せてタモで掬い取りしたのは23㌢はありそうな大きなイワナでした。こんな下流にイワナが・・・漁協ではイワナの稚魚放流はしていないそうですから、ずっと以前に稚魚放流したものか、誰かの密放流なのか、この川迫川ではかなりの確率でイワナが釣れます。

イワナブログ用

 文献に寄れば、在来種のイワナ・キリクチが生息しているらしいから、それとの交雑が気になるところですが、ともあれ、今の私の心境はイワナでも許せます。
 イワナが暴れてそのポイントの活性が上がったのか、イクラの汁がイワナの口から流れ出てサカナが集まってきたのか、アタリが続きました。時には仕掛けがなじむ前に目印が走ったりしてアマゴ、イワナが釣れたのです。
 イクラに釣れる時にはピンピンもミミズもダメで、イクラにだけアタリが出ました。ここで1時間あまり粘って8尾も釣れたのでした。
 そこが終わって、カミへ釣り上がると、次第にアタリが遠くなり、吊り橋の下の格好の瀬が続く場所まで来ると完全にアタリなし・・・午後4時すぎにギブアップしました。
 この日の釣果はアマゴ13尾(16~24㌢)、イワナ6尾(16~23㌢)の合計19尾でしたが、ほとんどが20㌢オーバーの良型でしたから、かなりのボリュームがありました。

天の川釣果1ブログ用

 景色は最高、アマゴの姿も最高、でも、釣り人が多くて釣り荒れもピークだったことを認識した天の川の釣りになりました。

使い慣れたボビン

 アユ釣り用のハリを巻くのにボビンは必須アイティムです。
 昔々、フライをやっていた頃に買ったチタン製の、軽い、先の細いボビンを重宝していました。先端付近に外から根巻き糸を通す穴があり、なかなか理にかなった作りのものでした。確か、スミスかどこかのものだったと思いますが、気に入っていたのに、先日、不具合が起きました。根巻き糸がプチプチ切れるのです。糸が通っているパイプの先端の内側(糸と接する部分)が何かで傷ついてザラザラになったものと考えられました。
 これは困った・・・。細いパイプの先端内側を先細の棒やスリで磨いてみましたが、よけいに切れやすくなり、使えません。アユの季節なのにイカリが巻けないのです。
 近くの釣具店に走って、フライ用品売り場でセラミックパイプのものを探して買いました。
太ボビンブログ用

 セラミックの方が、ザラザラになりにくいかな、と思ったのですが・・・実際に使ってみると、先端のパイプの太さが気に入りません。買うときに、あまり気にしていなかったことなのですが、イカリを巻いてみると、太い先端はパイプの中で根巻き糸が動いてきっちりと思う場所に決まらないのです。誤差が大きすぎる。
太ボビン先ブログ用1

 昔、予備にと思って持っていた、真鍮パイプのものを出してきて使ってみましたが、これも、セラミックほどではありませんが、まだ太い。すっきりしません。
旧ボビンブログ用1

 やはり、あの、チタン製のボビンはスキッとして先が細く、根巻き糸が切れたときにも後のセットが楽だし、これが使いたい・・・との思いが募りました。
ボビン先1ブログ用

 棒ヤスリは目が粗すぎるから、糸が切れる・・・傷ついた先端の内側部分を滑らかにする方法はないか・・・ペーパーは細いパイプに入らないし・・・ふと、コンパウンドを思いつきました。仕上げたタモの表面を磨くのに買った、車用の目の細かいコンパウンドがあるのです。
 爪楊枝の先につけて、パイプの穴の内側をぐりぐりと回して磨きました。白いコンパウンドがすぐ、黒くなりました。よしよし、磨けているぞ・・・。しばらくその作業を続けてから、布で拭き取り、爪楊枝の先に薄い布を当ててパイプの中を掃除してできあがり。
 パイプに根巻き糸を通して、ハリ巻きの“試験運転”です。最初は怖々・・・やがて、少し力を入れて巻いても「いける!」。ほっとしました。大切なボビンが完全復活?です。
ボビン1ブログ用

 実際に、セラミックボビンと使い比べて見ましたが、「やっぱり違う!」でした。
 おかげで、ただいま、せっせと三本イカリを巻いています。
 私の友釣りは泳がせ釣りが主体だから、三本イカリをよく使います。
 四本イカリが「格段に掛かりが早い」ことは承知していますから、瀬などで、自分の穂先よりシモで釣るときには四本イカリを使います。ただし、四本イカリは底によく掛かります。オトリが下がったら底掛かり・・・穂先よりシモで釣っているときには、オトリが下がったらすぐ、穂先を持ち上げて底掛かりを防げるから問題なしですが、穂先よりカミへ泳がせているときにオトリが下がると、なかなか素早い対応が難しいのです。一度、底掛かりすると、それを外しに入っていったりして場所を荒らしますから、四本イカリの多少の掛かりの早さのメリットが消える、と理解しているのです。

イカリバリブログ用

 三本イカリは、四本イカリより掛かりは遅いのですが、底掛かりがかなり少なく、オトリの泳ぎもかなり良いと思っています。ハリの重さ(一本多い)なのか、形状による水の抵抗なのか、四本イカリはオトリの泳ぎが悪いのです。泳ぎが良いと釣れる確率も上がるから、多少の掛かりの遅さを補ってくれる・・・それも、カミへ泳がせるときの三本イカリのメリットです。
 カミを釣るから三本、シモを釣るから四本・・・とハリを取り替えることはマメにやらないとトラブルが起きる・・・そう思って、手間を惜しまず、取り替えたハリは帽子に刺しておいて、また、すぐ使う・・・できるだけ、面倒がらずにハリを交換することが少しでもたくさん釣ることの大切な心がけかな。「腕の悪さはマメさでカバー」と信じてがんばっています。
プロフィール

oonishiman

Author:oonishiman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR